ウーマン

ウォーターサーバーの活用

育児中の多くの人が、赤ちゃんの栄養補給にウォーターサーバーを活用しています。育児に便利などの場所にも設置できますし、水道水と異なりカルキが含まれていないミネラルウォーターを使用できるからです。しかもそのミネラルウォーターは宅配してもらうことができるので、自ら買いに行く手間隙もかけずに済みます。

赤ちゃんのベッドの選び方

母と子

コンパクト型が人気

小さな赤ちゃんがいる家庭では、ベビーベッドを使っていることがこれまで多くありました。現在もベビーベッドに対する需要はそれなりに高くありますが、最近は高級志向というよりは、コンパクトで安いベビーベッドのほうに人気が高まっています。その理由としては、まずベビーベッドの使用頻度に対することが挙げられます。ベビーベッドは、赤ちゃんが安心して眠ることができるように環境が作られており、睡眠中も誤って落下したりケガをしたりする危険を防いでくれます。しかし、寝返りが頻繁になってきて、赤ちゃんの体が大きくなって眠るスペースとしては狭くなってくると、快適な睡眠のために使用する目的とは使い方が異なってきます。もちろん、親が家事などで手を離せない時に、ベッドに赤ちゃんを入れておけるという使い方もできますが、本来の使い方として使用する期間は1年未満であることが多いです。そのため、短期間で使うもののために高いベッドを買う人は少なく、安くて最低限の機能が備わっているものを買う人が増えているのです。また、コンパクトで安いベビーベッドに人気が集まるもう1つの理由としては、家のスペースの問題が挙げられます。昔は、一軒の大きな家に二世帯の家族が住むということがよくありました。しかし最近は、核家族化が進んでおり、アパートなどの狭いスペースで赤ちゃんを育てる家庭も増えてきました。そのため、安いコンパクト型サイズのものの需要が高くなっています。さらには、ベビーベッドを購入するのではなく、レンタルサービスを利用してより安い価格で済ますという人もいます。

乳児

首すわり前の赤ちゃんに

首すわり前の赤ちゃんとの外出には、直接横抱きをしながら移動かベビーカーに頼る人が多くいましたが、最近は縦抱きができる抱っこ紐が開発され、人気が高いです。赤ちゃんの首を固定してサポートする機能が加わり、安心して使用することができます。

赤ちゃん用品

安全で安心できる水を使う

胃腸が未熟な赤ちゃんには、安全な水を安心して飲ませたいものです。ウォーターサーバーを選ぶ時は、宅配される水の種類に気をつけましょう。有害な不純物だけではなく、ミネラル分が豊富なことも赤ちゃんにとっては負担なので、赤ちゃん向けという特徴で提供しているウォーターサーバーの中から選ぶといいでしょう。