ウォーターサーバーの活用

ウーマン

便利で安全というメリット

赤ちゃんは、歯が生えそろったり、噛む力が強くなったりするまでは、飲み物または水で柔らかくした食べ物で栄養補給をおこないます。いずれの場合も水を多く使うことになるので、赤ちゃんを育てている人の多くが、ウォーターサーバーを利用しています。ウォーターサーバーとは、タンクと蛇口とが直結した給水器です。タンク内に水を入れておけば、それを蛇口から使用できるのです。水道と異なり配管工事が必要ないため、寝室やリビングなど育児のメインとなるどの部屋にも設置できるというメリットがあります。さらにタンクの中には、ミネラルウォーターを入れることができます。ミネラルウォーターは、水道水のように塩素による消毒がおこなわれていません。そのため赤ちゃんの栄養補給時に塩素を与える心配がありませんし、むしろ微量のミネラルを与えることが可能となるのです。つまりウォーターサーバーは、便利なだけでなく、赤ちゃんの健康にも役立つということです。加えてそのミネラルウォーターは、必要に応じて業者に宅配してもらうことが可能です。ミネラルウォーターは、2リットル入りのペットボトルの場合、重さが約2キロとなっています。そのため赤ちゃんを抱きかかえながら何本も買って帰る場合、体に多くの負担がかかります。しかしウォーターサーバーでは、10〜12リットルほどのミネラルウォーターが入ったボトルを宅配してもらえます。その手軽さからも、ウォーターサーバーは多くの家庭で活用されているのです。